心を救う便利なサービス

院内

心に抱える悩みや不安は電話で解決しよう

誰にも言えない不安や悩みを抱えている人は少なくありません。特に、真面目で優しい人ほど、人に悩みを相談することを拒む傾向にあり、一人で抱え込んでしまいやすくなります。そのような状態が続くと、心にも体にもストレスが溜まり、様々な症状が出てしまう場合があります。眠れなくなったり、ご飯が食べられなくなったりし、それに伴い慢性的な頭痛や疲労感に襲われます。さらにその状態がつづくと、うつ病のような精神疾患を患ってしまう人も少なくありません。うつ病のような病気は、一度発症してしまうと、治療が完了するまで非常に長い時間を必要とします。場合によっては、休職や退職を余儀なくされることもあります。そのため、精神疾患にならないために、自分の心を守る術を知っておき、予防しておくことが大切です。その方法として、おすすめなのは無料電話相談というサービスです。電話をかけると、相談員が抱える悩みや不安を聞いてくれるというサービスです。無料なので、ただ話を聞いてほしい、とにかく誰かにつらさをぶちまけたい、というような気持ちから気軽に電話相談をするのもOKです。大切なのは、ストレスを溜めず吐き出すことなので、心の病になってしまう前にぜひ利用してみましょう。いじめや会社でのトラブルなど、どのような悩みでも相談員は親身になって聞いてくれます。解決策がその場で出なくても、誰かに話を聞いてもらうことで心のもやもやが取れることも多くあります。実際に、相談員が自殺願望がある人の話を聞き、親身にアドバイスをして自殺を阻止したりなど多くの命を救っているのです。

無料電話相談の大きなメリットの一つ目は、完全なる第三者なので客観的なアドバイスをくれるということです。抱えるトラブルや悩みには、少なからず自分の主観や感情が入ってしまいます。しかし、第三者の立場から考えると、違った見方や解決策が見つかることが非常に多いため、問題解決の可能性が高まります。二つ目は、完全なる匿名なので話がしやすいということです。体のことや恋愛のことなど、プライベートな悩みであればあるほど、親や恋人など身近な人には打ち明けにくいものです。電話相談では、相手の顔も見えない上に自分の名前や住所などを明かす必要がないので、プライベートな話でもしやすいのです。もちろん、話していく過程で自分の名前やトラブルの相手の名前をうっかり言ってしまったとしても、相談員には守秘義務があるので秘密が漏れることは絶対にありません。三つ目は、場所を選ばないということです。カウンセリングのために通院したりする必要がないので、家から出る気力がない、というようなときでも気軽に利用出来ます。家族と同居している場合は、聞かれないように家族が出かけた隙にかける、などの工夫をすれば、誰にもばれずに相談が出来ます。このように三つの大きなメリットがあるので、電話相談は非常に便利なサービスと言えます。悩んで心を傷つけてしまう前に、まずは勇気を出して電話相談をしてみましょう。無料の他に有料の電話相談もありますが、電話に慣れたい、誰かと話してみたい、というような場合は、まずは無料の方を試してみましょう。